至福の昼寝、悪夢タイム

お昼ごはんを食べて「おっしゃ勉強!」ってタイミングで強烈な眠気。

頑張ったけど却ってはかどらないので、ちょっと仮眠することにしました。

以下悪夢

 

 

誰か男の人が私に刃物を向ける。応戦するも、男が投げたナイフが刺さって仕留められる。

場面が変わる。私は窓にもたれて横を向き、目を閉じていて、穴だらけ。

男は粘土状の私に穴を開け続けている。仕上げにこめかみに開けた穴をえぐって、

 

これを2回。2回目にエンディングがついた。

 

仕上げた男が少し離れると、私がゆっくり動いて正面を向き、膝をついて、悲しそうに言った。

「時々ね、痛くてどこにいるか、そもそも自分がいるのかわからなくなるんだ。恨んでるんじゃないんだよ。恨んでないからね。大丈夫だから」

なんとか笑う私。怯える男。

 

…なんやねん。あんまりにあんまりな夢で、起きてしばらく現実に戻れんかったちゅうねん。

 

こんなメンヘラさんな夢見てる場合じゃねぇ。おし、目ぇ覚めた。レッツ勉強なう!!!

ドドコの鬼武者修行

“至福の昼寝、悪夢タイム” への2件のフィードバック

  1. オステオ より:

    見る夢の内容で自分の心理状況がわかるらしいが わかったところでどうすりゃいいの?
    悪夢を見ない方法な無いかな(´ε`;)ウーン…

  2. ドドコ より:

    心理状況、というか「単に溜まったイメージ(電気信号)の放電」だそうです。
    でもどうしょーもないし、単純に不愉快ですよね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です