ニュースってなんだ

新聞読む人が今減ってますね。わたくしドドコさんはあの昔ながらっていうか油臭い紙の新聞を左手でくるくる持ちながら右手でほうじ茶とか焼酎とかすするのが好きだったりするんですが。

あの紙媒体も今時代遅れっていう方もいらして、まぁネットでnoゴミでみられるんだからわざわざ紙資源とリサイクル代無駄にしやがって風流気取りかてめえ。潰すぞあほんだら。とか言われても黙ってへらへら踊って町田康のマネするくらいしかできないですが

 

でも紙だろうとネットだろうと提供元は同じ大手新聞社とか通信社ですよね。だからトピックスもそんなに違わないでしょう。以下私が最近友達にしてる「ニュース昨今プレゼン」です。

 

まず、

アスピリンってみんな聞いたことありますよね?要は頭痛とか生理痛んとき飲むって認識だと思います。市販の総合感冒薬、具体的には一時御法度になった(ブロン、ヒロポンなどに含まれる)成分を使ってない風邪薬も同じで、飲んだことない人あまりいないでしょう。メジャーどころのルル、ベンザブロック、パブロンあたりは御法度成分未だに使ってるのでもっと危ねーって思ってもらえたらいいです。

まぁ、今回のお題は解熱鎮痛剤一般です。

じゃ、どういうイメージお持ちですか?ポジティブ?ネガティブ?どちらともいえない?
…まぁいったん置いときましょう

まずこれみて下さい。日本経済新聞 アスピリン ニュース

要約すると「大腸がん経験者に毎日100mg(バイエルアスピリン2錠ちょい相当)を投与したら、再発リスクが減った」
ドドコさん実は日経さんフェイバリットでして。このニュースを日経さんがとりあげてらっしゃるの初めて拝読しましたが、さすが少ない字数で偏りなく書かれてる!

またまた日経さん好きになりましたw

 

次は ダイヤモンド社 男の健康

要約:3年以上毎日アスピリンを飲んでると全てのがんの発症率が2割減る。5年以上はもっと減る。

ダイヤモンド社さんの壮年向け情報サイトです。「全がん」って大きく出ましたねー。
私はあまり縁がなかったんですが、週刊誌ダイヤモンドとか「地球の歩き方」とかを出版されてる、大正から続く老舗出版社さんのようです。

 

次は英文ニュースなのでどっちかざっと見てくれたらありがたいだけです!

わたくし大好きな BBCさん

同じく大手老舗ロイターさん

副作用リスクがあるので注意が必要だけど、がんの予防として毎日サプリ的にアスピリンを飲むと効果があるって話です。

BBCさんのはダイヤモンドさんの「全がんに効くかもってのに懐疑しつつやっぱ有意な数字だから気にはしといてね」
ロイターさんのも「他のリスク考えるとねーでも結果は明らかでてるし医者に相談してみな」

 

最後の英文2つは私も今初見でして、たしかBBCさんのアスピリンニュースってつい1か月前は「心臓発作予防に効くかも」でした。まだ記事は残ってる。

 

ちなみにみなさんアスピリンとか解熱鎮痛剤にどんなイメージお持ちでしたっけ?
数分前よりもっと、何か変わりました?いや、変わらないなら全然かまわないと思うんですよ。
ただ私ね、この一連の記事読んで考えたんです。こいつらが何を言いたいか。要は、

「もっと毎日アスピリン飲んでください」

ですよね?

 

じゃ最後、これは是非みていただきたい。上の英文なんかどうでもいいです。

アスピリン     わかりやすいし正確です。バイエルのだと48でぴったり。
そっちマニアの方はどうぞ。 (社)日本中毒学会

 

48錠飲んだら死ぬよ?いいの?っていわれてる薬を毎日飲みたい人いますかね。1日2錠飲んだら1か月で致死量オーバー。
風邪薬パブロンは一か月分一気飲みすると冷たいお薬を服用した状態になるようですが、アスピリンだと死ぬ。

副作用などダークなイメージが強力な精神科処方の睡眠薬ですが、重度の不眠症の人の処方量(健康な人が飲んだら3日~1週間はたいてい寝続ける)を40日分一気飲みして昏倒しても死ぬ確率は低いです。

 

ニュースや新聞って、一般人が知らなかった真実や事実を報道するものだって2、30年前はもっとみんな思ってたはずなんです。私も信じてきたから追い続けるし。

でもこの一連の流れの気持ち悪さなんなんでしょうね。

 

私ね、オウム真理教の決着ってまだついてないって勝手に思ってるんです。あれってなんだったんだろうって。911の時に連想した方もいなくはないようですね。

今の世界が持ってる病巣って、なんなら公式に安心して利用できるものに入り込んでますよね。

 

私が紙の新聞を好きな理由もそのへんな気がします。旧態依然って好きじゃないけど、好みのものは持っててもいいでしょっ

 

DSC_0619

 

ちょっと注意すると世界が見えそうだよ。見たくもないけど!

 

ドドコの鬼武者修行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です