地 方 で や れ

衆生諸氏こんばんは。与党の推しメンはイシバちゃん、懊悩音芸職人ドドコです。イシバちゃんはみんな知ってますね、地方創生大臣というマスコット的な名前ですっぽりおさめられちゃった衆議院の愛すべきゆるキャラです。政治思想的なあれこれはよく知らないですがイシバちゃんのキュートネスに思想はいりません

 

今日はアネモネ姉さんのバーひらひらにでポークビッツトークに盛り上がりました。姉さん今度話の続き最後までしようねっ

 

 

 

_20151105_234500

 

アネモネねえさんにも言われたんだけど、最近わたくし姐御感が出てきたそうです。だらだらなりに10年以上やってますし、特に去年くらいからかな、長幼問わず頼られること増えた

 

最近嬉しく困ってるのが、若手の子たちからするとドドコおじさんて「自分のような理解されにくい表現を好むネクラな先輩」なのに「輝き系全国区人気者」みたいにみえるみたいで

おそらく私が地元でも県外でもそれなりに出演・集客しているからなんでしょうけど、単に草の根泥んこ努力してるだけですが

 

 

いろいろ前置きしたけど大きな声で言いますね、ツアー近いのに敵作りかねないけどいいです言いますね

 

 

 

関東関西に出てるやつ別にすごくねーよ!!!!!

 

 

 

人工過密圏:シーンが成熟してる=演者が多い=演者・お客さん両方新参を受け入れて痛痒ないタッフネス(逆にこっちからの影響はほぼ期待されない)

 

地方:シーンがない=演者が少ない=全員アクションを怖がる(演者とお客さん双方動けない)

 

 

 
地方演者にとって大都市圏でステージできるというのはステータスのようですね。でもやってみたらみんなすぐやめる理由わかった、やらしい言い方すると都市をうまく使えない人にはマイナスしかない。地元実力者さんたちの多くが1年くらいで遠征やめて地元活動に注力してくのって合理的だと思う

 

都市圏で受けたら実力があるのかっていうと、それは断言するけど絶対ない

 

都市圏てイベント自体がゴキブリみたいに多いです。ミュージシャン崩れが収入もないのに週5日オファーのままにライブ入れて破産して地方に連れ戻されたってのも数人知っとる
お客さんにしたら、ある程度質の確保されたイベントに優先的に集まる。そこではお客さんは「楽しめる前提で楽しむためにチャージを払う」わけなのでなにかきっかけがあれば「湧きたい」。湧きたい人を湧かすのって演者さんにしたらスタート2分以内には仕掛けるよね。

 

地方も「湧きたいからチャージを出す」ひとが集まりはしますが、見慣れないものに対してはリアクション取る前に周囲を気にするよね。手拍子しても悪目立ちしなさそうならしようかな、どうしよかなって

 

 

私の感覚だけども、都市圏は45℃くらいからで地方は10℃くらいから(一組目だと氷点下からってのもあるね)スタートで、沸点までもっていけば絵的には「うけた」ことになるかな

地方に住んでるなら地元でどんなアウェイの現場も沸点まで持っていって、近郊の完全アウェイでも湧かせるように鍛錬したらどうだろう。都市部に生まれたらそれってできないことだから、アドバンテージは利用すべきだと思う。
15分演奏してまだ氷点下でも挽回狙える鋼鉄剛毛ハートを持って都市圏でやってみろ、アマチュアの中で負けることは絶対ない。やれることやっていこう、悔しくなることが多いならドドおじさんと一緒にたまに少し死にたくなるくらい必死でがんばろう、たまに泣きながらうちでくらぁい鍋パーティしよう。

 

 

鍋といえばそろそろカナダ産の紅鮭がおてごろになってきたのでかす汁食いたい。
淡水魚でも池の魚より鱒やイワナがうまいっていわれるが、急流の方が基礎体力つくよね。ぬるい環境でもぬきんでる人はそこからとんでもない努力しているし、若芽のうちにやるか後でやるかしか違わない。

 

200年前か50年後に違う銀河系に生まれていてもやっぱり今みたいに悩むんだろうなって思うでしょ、じゃあ同じじゃん。だから大丈夫だよ。

 

大丈夫だから今生はドドコおじさんと一緒に汚泥にまみれた人生楽しもうねっ

 

ちょっといいこと書いたからトリキン2本目空けますが、今びっくりした晩酌のつもりがもう立派に朝ですね、あらためましておはようございます、おやすみなさあああああい

 

 

 

 

ドドコの鬼武者修行

“地 方 で や れ” への4件のフィードバック

  1. オステオ より:

    苦悩と努力からなるオーラに引き寄せられるのはあると思う
    年齢だけでは出ない風格ってヤツですかね

    自分の場合風格も品格もありませんけどね (*´σー`)エヘヘ

    • ドドコ より:

      天与の才能または幸運のもと生まれた人のことってここでは除外して書いてますのでね、苦悩と努力と、天才じゃない自分ときっちり向き合って戦う姿勢ってたいへんなスパイスだと思います。
      ところでスケジュールアップしたので予約受付中ですが、お問い合わせフォームからも直接届きますのでご連絡お待ちしてますね。各会場すでに残席1~2ですよ(^v^)

  2. オステオ より:

    今さっき阿佐ヶ谷の会場に電話してオッサン1名お願いしますとゴリ押ししておきました。隅っこに浮いてるオッサン居たら私です。
    (´ヘ`;)ウーム…

    • ドドコ より:

      おおお、一番しぶい(ベテランさんたち怖い)やつ行きましたね!
      お待ちしてますよっ(^v^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です