メンヘラ考:自己矛盾病

定義:ある人の言動がその人の他の言動と照らしてつじつまが合わない状態。

①甲にはAという習慣があるが、まわりの人間がAをすることを極度に嫌う。
②甲には無意識のBというくせがあるが、他人から「あなたはBをしている」と指摘されると強く否定する。
③甲は他人がCの状態である時に恐怖感を覚えるが、甲自身は常にCの状態である。

      ⇓

特定の行動や考え方を自分が取っている自覚がない。

 

原因:苦痛に感じる行為Dを繰り返し強いられた
⇒結果:⑴強いられないのに行為Dを繰り返す ⑵行為Dを極端に回避するため特定の考え方をする
原因:必要な愛情・情緒が受け取れていない
⇒結果:⑴愛情・情緒を受け取らないようにする ⑵代わりになる(と感じる)物事を作る
※無意識に習慣づき、意識的にやめることができない

 

 

だからやめさせようとしたりやめようとしたりするとガタガタになる。そりゃそうだ。

ドドコの鬼武者修行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です