🐛 季節はずれのゴキブリこと、大谷です 🚽

はじめまして! 限りなく人間に近い生ゴミこと、大谷健児(おおたに けんじ)と申す者です。

「ドドコと大谷健児の往復書簡」にご訪問下さいまして、誠にありがとうございます。本日から、こちらのコーナーにて、お邪魔させて頂きます。不束者ではありますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、まずは、小生のことをご存知ない方が大多数だと思いますので、自己紹介がてら、以下に略歴を書かせて頂きます。

※ ※ ※

【大谷健児の略歴】

19××年18月45日、ケニアと八王子の国境(当時)であるイムジン河のほとりにて、アル中のルンペンに拾われる。 その後ゴリラに育てられ、帰国子女として日本に密入国。
その後、ルワンダ水産大学ピンポンダッシュ学部中退後、処女作となる水墨画集兼セミヌード写真集『憂害図書』を上梓。

2012年、児童向け官能小説『大谷、部活の先輩の葬式で全裸になって銃殺されたってよ』で、 第358回 林真須美賞を授賞。
同年、ゲスト出演した『王様のブランチ』にて、メインMCの内館牧子と瀬戸内寂聴を手斧で盛大にブン殴り、CIAから命を狙われる。

2014年、拘置所で知り合った前科40犯の山伏(後のイ・ビョンホン)と、歌ってキョドれるアイドルユニット「急性★心不全」を結成。ミニアルバム『恥骨ブギ』でデビュー。

2015年6月、『ベビーカーを蹴り飛ばせ』で、シンガーソングライターとしてソロデビューを果たす。 歌手活動のみならず、詩人、ラジオパーソナリティ、バレリーナ、殴られ屋、汁男優としても活動中。

更に、声優として『それ逝け! タンポンマン』の中絶強要マン役で出演。
好きな食べ物は、鳥取の郷土料理として名高い、プルトニウムの水銀炒め。

※ ※ ※

そんなこんなで、宜しくお付き合い頂けましたら幸いです★

 

さて、前回ドドコさんから早速、「埋めたい人」「最近絶望したこと」という素敵なお題を頂戴しました。

まずは「埋めたい人」ですね。もっとも小生、殺意が服を着て歩いているような人間もどきですので、

埋めたい人を全員挙げたなら、恐らく『家畜人ヤプー』ばりの容量になるんじゃないかと(爆)

更に小生の胸中では、埋めたいの上に

 

「濃硫酸風呂に沈めたい」(なんとなくこれ、サザンの『涙の海で溺れたい』に似てますよね、なんて思うはずがないですよね♪)

 

「著しく切れ味の悪いノコギリで四肢を切断して浅間山の火口にブン投げたい」

もあるので、殺意ランクでいえば、「埋めたい」は下の上ぐらいでしょうか♪

 

てなわけで、いま最も埋めたいのは、知人女性の土橋ブス子さん(仮名・以下ドブス)。

先日、このドブスから、結婚式へのお誘いが来たのです。LINEで。

 

「ぉはょぅ★結婚式につぃてだケド、7月×日に決まったぉ(^^) 2次会は18時頃からぞなもし★

都合はぃかが(?_?)つーか来るっしょマヂで(はぁと)」

と、5年分のフラストレーションを喚起させられるような低能感満載の非常にオリモノ臭い文体。

しかもこのドブスと小生は、たった2回、酒席を共にしただけなんです。 そう、結婚式の誘いを送りつけるような間柄では、全くないんです。

上記の文面を目にした刹那、小生の胸中では、憎悪と殺意の二重奏が、まるで永遠に続くかのように鳴り響き続けておりました。

そもそも、知人と呼ぶことさえ違和感を覚えるぐらい交流のない男を、なぜ結婚式に呼ぶのか?

これはもう、疑いの余地もなく、祝儀目当てですよね(爆)

その、極めて薄っぺらなあざとさ及び無惨なまでの心性の腐敗ぶりに、思わず小生は、「ハンマー原始人」こと室伏某の如くに獣じみた咆哮をあげながら、スマホを太陽に向かって投擲するところでした。

 

勿論ドブスの結婚式になんて、天地神妙に誓って行きませんが、一つだけ心残りな点があるんです。

それが、ライスシャワー。ライスシャワーだけはやってみたいなと、以前から思っているのです。

 

現世において味わえる幸福を根こそぎ体現しているような二人に向かって、ありったけの力を込めて生米をブン投げる━この行為を通して獲得できるカタルシスは、復讐や夢精の比ではないと思います。

ただやはり、ライスシャワーのためだけに祝儀を費消するのは、あまりにも割りに合わないですよね。

心にもないクソみたいな祝意を虚ろなまなざしで投げ続けるのも、ちょっぴり失礼千万かなと思いますし(笑)

そうそう、以前従姉妹の結婚式に行ったら(呼ばれてもいないのに)、披露宴で新郎の友人らしき奴ら(総じてIQが40前後に視えるアホ面ばっかりでした)が、ヘベレケ状態でEグザイルのダンスを踊り狂っていて、本当に噴飯ものでした♪

もう、「そのチューチュートレインは初手から脱線しっ放しじゃねえかバカ失せろボンクラ」と、満面の笑みを浮かべながらツッコんでやりたかったんですが、場の空気が一気に告別式と化しそうだったので自重しました(^^)

そんなわけで、いま一番埋めたいのは、上述したドブスですね★

 

そしてもう一つのお題が「最近絶望したこと」でしたね。

お察しの通り、割と慢性的に絶望はしているのですが、最近もまた新たに絶望しました。

 

昨日、新たな刺激を求めて、五千円札の樋口一葉をオカズにセンズリをこいていたんですが、ついエキサイトしてしまい、紙幣が破れてしまったんです。

脳内で「オレの精液で❝にごりえ❞を…」とかほざいていたんですが、いやはや、本当にうかつでした。絶望しました。我が人生と、5千円札のもろさと、樋口一葉をオカズに選定した己の不毛なチャレンジ精神に…..。いつも通り、土井たか子で抜くべきたったなと、今なお激甚な悔悟の念に囚われております。正直、ゆきりん(山地悠紀夫)ではありませんが、「私は生まれてくるべきではなかった」とさえ思いました(爆)♪

※ ※ ※

━というわけで、いかがでしたでしたでしょうか? 最後までお読み下さいまして、誠にありがとうございました!

これを機に、今後とも宜しくお付き合い頂けましたら幸いです。

さて、次回はドドコさんに、かなりポップな話材で恐縮ですが「一番好きな拷問」についてお書き頂きますか(^^)

以上、大谷健児でした。好き週末を★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です