🐛 絆、クソくらえ♪ 🚽

こんばんは。金玉と前科と悪霊がついている方のメンヘラ可燃ゴミこと、大谷です。好きな食べ物は女児の陰毛とおがくずです。毎度ありがとうございます★

新年度が始まって約一箇月ですね。新しい環境になじめず懊悩し、やむなく焼身自殺を企図されている方も多いのではないでしょうか?

※ ※ ※

そうですね、ドド姐の仰いますように、腐ったカボス、もといゆずは完全に、脳死同然の魯鈍者各位を虜にしてやがりますね♪『サヨナラバ(以下自主規制)』とかいう空前絶後の駄曲も、中身のスカスカさ加減では、音楽史でも五指に入ると思います(^^)

そして、ゆずの楽曲をカバーすれば瞬く間に女性からの支持が得られる、という企みは、頭蓋にチンカスでも詰まってんのかと疑いたくなるレベルの安直さですよね★是非とも、来々世まで祟られ続けて頂きたいものです。

ちなみに小生は、ゆずの楽曲を4秒以上聴くと、自律神経のバランスがたちまち乱れ、人目も憚らずチェーンソーを振り回し、ついつい見ず知らずの人を惨殺してしまいます(*^^)v おかげさまで、慢性的に心神耗弱状態なので、大体は無罪で済むのですが。なお、オレンジレンジは2秒が限界です♪

「死ぬ気でやれよ、死なないから」好いですね!小生も、8時ちょうどのあずさ2号へ飛び降りた頃の自分に、全霊をもって伝えてやりたいです。

 

※ ※ ※

家族の思い出ですね。承知致しました!連載が始まってからようやく、ポップな事柄が書けますね(笑)

実は小生、純然たるみなしごなんですよ♪

しかも現在両親ヅラしている養父と養母は、共に激烈なアル中の上、かの暴君ネロさえもひれ伏すレベルの狂的な暴力癖があります(笑)

彼らにされた仕打ちを列挙すると、聖書を軽く凌ぐほどの文章量になりますので詳述は避けますが、小・中学生の頃は特に酷かったですよ♪

なにしろ、葬式ごっこや自死の強要を筆頭とした凄惨ないじめに遭っている事実を放逐し(笑)、学校に通わせ続けましたからね(^^)

不登校という選択肢を奪い去られるという現実は、厳然たる絶望として立ちはだかり、小生を苦しめ続けました★

ただ、そんな塵芥以下の下等生物こと我が養父母にも、唯一のファインプレーがあります。

それは、PTA役員になって、生徒の名簿をゲットワイルドしたことです。

これによって小生は、いじめっ子らの個人情報を全面的に握りました。未だにその名簿は手元にありますので、いつでも彼らに甚大な精神的苦痛を与えることができます(*^^)v

子細な尾行の記録や怪文書を送りつけたり、日がな一日無言電話攻勢をかけたり、ありとあらゆる私物をマヨネーズまみれにしたり、庭に除草剤を撒いたり、一時期はかなりエキサイティングな復讐ライフを過ごさせて頂きましたよ♪

一丁前に所帯なんぞを持ちやがっている奴らには、かつて凄絶ないじめに加担していた事実を種に強請ったり、近親者にバラす旨を告げたりして、監禁、拷問の末、徹底的に金銭をむしり取りました(^^)

小生が生きている以上、彼らは終生、小生に支配され続ける宿命のようですね★

 

「家族の絆云々」を偏執狂的に語られると、その場で先方を嬲り殺したくなりますね♪

ジャンキー勃起ーベッキーズだったか、ファッキン拘禁便秘ーズだったか、ファンキーモNキーベイビーズだったかが、そうした系統の曲もどきを量産している模様ですが、あれはもはや、愚の骨頂という言葉さえも勿体無く感じるレベルですね。

更には養父母ときたら、小生に保険金を掛け殺そうともしているので(笑)、これはもう、家族なんかじゃないですね♪ なお、二人の義兄もことごとく、原因不明の失踪を遂げております!

ホームドラマの類には、我が反吐を奔流の如くに浴びせてやりたいですね★

もちろん、羨ましさの裏返しなんかじゃありませんよ(^_-)-☆ とにかく、糞袋同士の心の交わりなんぞを美化した下劣な駄フィクションは、世の中から一掃したいですね♪

とはいえ、そうした愚劣極まる虚構がやたら称揚されるのですから、隔靴掻痒、そして笑止千万という他ありません。小生も、河原乞食的なことを生活手段の一つとしている以上、上述のような唾棄すべき風潮には、「否」を叩きつけて参りますよ★

最近は大衆受けを狙って、子供好きや動物好きを標榜するのですが、見事なまでに徒労でしたね♪

小生がやるとお察しの通り、児童ポルノおよび獣姦といった意味にしか取られないようです(爆)

※ ※ ※

さて、次回はドド姐に、お気に入りの犯罪者について語って頂きましょうか★

本日も最後までお付き合い下さいまして、誠にありがとうございました。

どなた様も好き仏滅を!

大谷健児

 

“絆、クソくらえ♪” への5件のフィードバック

  1. 中村佑一 より:

    似たような経験をしているので、今回の内容は共感しました。
    僕もゆずの曲もオレンジレンジの曲も大嫌いです(笑)あいつらフォークリフトでひき殺したいくらいです(笑)
    怪文書、監禁、拷問は吹きました(笑)
    大谷さんがみなしごだったというのは、けっこうインパクトありますね。
    僕も小、中の頃、嫌な目にあったので、きっちりと報復しました。
    そして、精神的苦痛の慰謝料名目で金を持ってこさせた上、足りないと暴行し、闇金以上の延滞利息をつけて請求したので、悪人はやがて払えなくなり、不登校になってしまいました(笑)

    • ドドコ より:

      もちろん当連載は全て実話に基づいて書かれてますので、みなしごや保険金の下りなども単なる健児さんの日常的な事実だと思われます(^^)v
      昔私に半殺しリンチを加えたいわゆるいじめっ子がいまして、近年彼女が出産したという噂を聞いたのですが
      どうやら私の呪怨がきいてしまったらしく、重めの障害を抱えてお生まれになったようです(爆
      因果はめぐってしまいますね♪

      • 大谷 健児 より:

        >ドド姐 お疲れ様です、「じゃりン子」チエのイラストでも充分オカズになることが判明した大谷です。
        ご丁寧なフォローありがとうございます★そうです、仰せの通り純然たるノンフィクションでございます。
         それにしてもドド姐を惨殺しかけた方が、ハードハンディベビー、即ち世にいうHHBを産み落としやがった、というお話、実に興味深いですね!
         障害年金の恩恵を被るための装置として、可能な限り生命活動だけは惰性的に維持させておく、という作戦もアリかもしれませんね(*^^)
         つくづく、他人を蹂躙するような畜生は、その腐りきった遺伝子を廃絶させるべく一丁前にガキなんか作るな、とお伝え申し上げたいですね♪

    • 大谷 健児 より:

      >中村さん こんばんは、大谷です。今回もコメントを頂けまして嬉しいです★誠にありがとうございます。
      筆者2匹による地雷の投げ合いじみた本連載だけに、中村さんからのコメントは、不毛地帯を這いずり回る我々にとっての数少ない救いです(爆)
      やはり報復を果たしてナンボですよね! 理知的な手段を講じておられる点、たいへん参考になりました♪

  2. 中村佑一 より:

    保険金!?
    ホームアローンのケビンもびっくりです···

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です