ドドコプロフィール

 

 

広島在住、セルフ作詞作曲プロデュースの地下アイドル、ドドコです
アングラポップクイーン/酒乱で下品な女性/アングラ界の酔いどれ堕天使 など、数々の愛されニックネームを携えて、全国で爆走

 

 

 

5歳から作曲を初め、2003年ごろより広島でライブ活動を開始
2004年、代表曲「となりのおうちはよく燃える」を作曲
どど松、ドドマツザツルツルタアトルヅ、だんだらまにあなど、ユニットやバンド活動を続ける

 

2011年よりソロをメインに、自作曲を自作のオケで歌いながらパフォーマンスをする活動を始める。
2013年9月、当時ツイキャス主、現在は女優のKARENに楽曲「flavor o’ love」提供。
レコーディングエンジニアのUeda Takayasuと友達になり、CD制作を開始。
2014年8月、弾き語りパンクスの千夏クレイジーとユニット「ドドナツクレイジー」を結成。2015年8月21日アルバム「げすい品格」リリース。仲が悪すぎて2017年3月活動休止、2019年1月になんとなく再開。
2015年9月より、詩の朗読パフォーマンスを初め、広島・岡山・大阪・東京などの朗読シーンに出没
11月30日ソロCD「バトルポップス」リリース

2016年3月、どど松時代のオリジナル曲「ウサギのダンス」を全国展開するプロジェクト「バニー部」発足。
4月2日、新宿にて「最低」をスローガンにしたドドコ企画「クレイジークレイジーワロタ」を初開催。これ以降大阪・広島で同タイトルの最低企画を続け、2017年からは前記三か所に加え岩国でも毎年開催。
2017年2月14日、カバー&オリジナルのミニアルバムCD「酔って候」リリース。帯コメントは柳ジョージとレイニーウッドのリーダー、上綱克彦様よりいただきました。タイトル曲は柳ジョージ様作詞・作曲の「酔って候」。
2017年7月、キワモノ朗読詩人であり、イベンターでもある友人三人と共に、共同主催イベント「クレイジークレイジースパイラル」を大阪で開催。パートナーは岡山のホムラ(ex OLD FLAG)、東京の守山ダダマ、大阪の川原寝太郎。以降毎年7月に大阪で開催し、全国からやばい出演者が集まることで話題になる。

2017年12月、Gui.のきーちゃん、二胡ののぞみとのユニット「ブリキネオン」を結成。ユニット名は、岩国ロックカントリーの店長スミさんの命名。ほか、弾き語り女子アンソニィーがキーボードを務める「ドドコとアンソニィー」を結成。

2019年ごろ、将来が不安になり音楽活動を休止。数年後に生活が安定したら復帰する予定だが、復帰したらさすがにアイドルと言える歳ではないので、地下アイドルは引退。

 

趣味は読書。無節操になんでも読みます
好きなミュージシャンは多すぎるのでここではなくて、どこかのSNSに書いてます。けっこうたくさん聴いてるほうだとは思う。
特技は、変わった人と友達になること。親友のYSKちゃんいわく、「驚きの変人吸引力、ダイソン」


Gallery

 

received_m_mid_1408239206201_7f9a1b111cd93e5278_0       d351c4c9

 

Dodoko_Profile_05          Dodoko_Profile_02

 

ipp      IMG_20130629_211717[1]     1408253152187[1]

 

       

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください