酒断ち日記①

どうも、酒乱歌手です

 

中島らもさんの本が好きでちびっこの頃から読んでるのですが、ここ2年くらいなんだか読んでると「ん?」ってなる

「夜中の一時、二時ごろまで飲んで社長をタクシーに乗せて、ようやく自分のための酒が飲めるようになる。」※1
「朝、目覚めたときから、何十時間かあとに意識を失うまで、ウィスキーをひたすら飲み続けるようになった。」※2
「我々多量にウィスキーを飲む者にとってはトリスの愛想のなさ、媚のなさがありがたい。」※3

先生!!!それなんて私!!!!!

中島らもさんは30代の時、お友達、医師、占い師の3人から「35で死ぬ」と予言され、35歳の時アルコール性肝炎で入院なさったそう
ちょっとあとで躁うつ病+アルコール依存症で入院して、50歳ごろ酔って階段から落ちて亡くなってます。明日は我が身感やべーーー!

 

わたくしも内科で、余命宣告とまでいきませんが似たようなことを言われました。
このままのペースで飲み続けたらあと5年くらいで死ぬんだそうです。
死因は肝硬変かもしれないし、先に膵臓を壊したら5年ももたないかもしれないって。

 

ということで昨日からひたすらお茶を飲んでます。
勝つか負けるかわからんけど、できるとこまでやってみよう。

 

 

 

※1※2中島らも「心が雨漏りする日には」より
※3中島らも「砂をつかんで立ち上がれ」より

ドドコの鬼武者修行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください