作詞作曲 なべ虹魚 カバー ドドコ   さみしくて 気持ちをあやふやにして 紛らわして やっと落ち着いて だけど気づくとまた さみしくなって 目の前の不思議にばかり目を奪われたまま 何度も繰り返しては虚しくなってたよ   空の色 暗くて もう少し 明るくしたいよ だけどちょっといい色、ぼくの部屋に見当たらないよ  

いいやつじゃなきゃ好かれない いいやつでいても拒否られる やさしくしないと嫌われる 必死でやっても無視される 何度でも殺されるのに一度も殺せない いつまでも許せない自分が一番憎い やばば、やばば イニシエーション 愛しているからゆるせない やばば、やばば、カーネーション 拒絶のキッスは毒リンゴ やばば、やばばイミテーション 偽者ばっかで吐ききれない やばば、やば

しびれかんきつ 甘く崩れてく 夢はぶちぶち げろ臭う朝日 あの子が憎い あの子じゃわからん あねじゃが憎い もうゆるしとくれ   なぶる なぶる なぶる なぶる 遊ぼうよ   人をゆるしたい わたしをゆるせない 遅すぎるかな もう遅すぎたかな   しびれかんきつ 甘く崩れてく 夢はぶちぶち げろ臭

星空落ちて きらめく夜 みんなおいで 夢みたいさ パーティパーティ パーティナイト 「救いを信じた私が馬鹿者でした 努力が報われると期待した、はずかしいことです 苦しみを乗り越えれば、幸せのような何かがあるんだと 誰もそんなことは言わなかった そうでした、 ほどほどの喜びを感じて、歩くように生きてみたいなんて、ふらちな願いでした 本当に申し訳ございません、らくになりた

ぼくは君に期待しない ぼくは君を信じない ぼくは君がわからない いつまでも わからない   話す言葉 信じない 君がいると信じない どこかの宇宙で笑う 君がいると信じない   嘘つきの君が好きさ ぼくもそうさ いつまでも知らないひと どこにも行かないよ 窓を閉じて また明日 また今度  

雨が影をひきずって 色が消えて冷えていく 戦慄のない こわい こわい 驚くのが こわい こわい 分かってるふりをした ぼくはただ人でない 影絵の恋が彩づいて ぼくはただ人でない 身体は消えた 身体は消えた I know I’m here, no name no breathe I know I’m here, alone with you 闇の毛布にく

ぴよぴよぴよぴよぴよ 酒が飲みたいと鳴いてる ぴよぴよぴよぴよぴよ 18mmのたばこ探してる   近所の店でもらったひよこ ぴよぴよぴよぴよぴよぴよ うるさい しごとの時もポケットの中で ぴよぴよぴよぴよぴよぴよ 可愛い   はたらけない はたらけない こんなていたらくじゃ はたらきたい はたらきたい いい肉食べさせたい